取り留めのない話

 

ブログとは何かしらのテーマがあってそれに関して文章を掲載するのが本来の姿だとは思うのですが

それとはまったく正反対のことをさせていただきます!

そもそも4ヶ月も空けておいて何を言っているんだという話ですが。


 

 


最近の通勤時間のお話。



おそらくえるぷさんをはじめ多くのKドルファンの方々の多くは

通勤通学の移動時間をTwitter等々の閲覧時間に当てていらっしゃるのではないでしょうか。



わたしも昨年8月から片道約1時間の通勤時間が発生していたのですが

その頃からあまりまじめにTwitterを確認していなかったんですね。

SJメンバーとその周辺ツイートは通知が来るし、インスタは割りとみているけど“追う”ということをしない。

代わりに寝ていることもあるんですけど、いい年とはいえゆとりの現代っ子、ついスマホを見てしまう。

じゃあ何をしているのか…。



今回は通勤の友、第1位スクフェスラブライブについてのお話。

「あなたのヒチョルがにっこにっこにー☆」でえるぷにもだいぶ浸透した音楽ゲームですね。



以前二次元おたくだった頃にpop'n music太鼓の達人にはまっていたこともあり

もともと音ゲーは好きなんですけど、無課金でも予想以上に楽しめているので

なんだかんだで1年以上プレイしています。ことり推し。



今日まとめサイトをみていたらコールを覚えるのが苦行的なスレをみつけたんですね。

中身をみてみたらまさにKドル応援法のソレで(笑)

他国語でも覚えられたんだからきっと覚えられるよなーってことで今度調べてみようと思っています。

ゆーて使うタイミングはないですけど。



叶うなら覚えた上でコンサートに行ってみたいんですけど、ガチで行きたい人もあたらないような現状で

わたしみたいなニワカが押さえるのも悪いかなぁと思って手を出せていません。



中の人の顔と声とキャラの紐付けはできてるけど、彼女たちのお名前知らんもんな。

そのあたりにも詳しかった頃からはだいぶ年月が経ってしまっているので

ラブライブ出演者の方々はデビューしてなかったとか、新人さんだったとか、そういう感じ。たぶん。

時代でいうとほっちゃんとか奈々様とかゆかりんとかそのあたりがメインキャラを演るようになってきた前後です。



欲を言えば薄くて高い本も欲しいんだけど、棲み分けとして女性客は

あまり歓迎されないだろうし、うっかり急に死んだときに本棚を整理する

母親がかわいそうだなぁと思っているので手を出してません。



女性ラブライバーもとっても多いというお話は知っているんですけど

どこまで踏み込んでいいのか悩みどころです。

もっと深入りしようと思えばいくらでもできるんだけど、現状ひょっちぇさんが最優先なので

そこまではできないし。

これからもしばらくは様子見が続きそう。