μ'sのラストライブを観に行ってきた

お久しぶりです。

このところ書きたい事はいくつかあったのですが、毎日仕事でパソコンに向かっているせいか以前よりも自宅で開く機会が減ってしまいました。

とはいえ、スマホでの長文入力は苦手なので筆が進まない(笑)

 

今回のお話はラブライブ!の「μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~」について。

「この想い、何処かに吐き出しておかないと消化できない!」ということで、ここに来た次第です。

 

μ’s沼に嵌まるまで◆ 

 

μ’sを知ったのは大学時代の友人らがスクフェスをやっていたことから。

元々音ゲー好きだったわたしも何となく話題に乗って始めたのが最初でした。

リリースから半年くらい経ってたかと。

バンギャを10年弱、K-POPヲタを4年程やっていたので、二次元からだいぶ離れていたのですが、これが回帰のきっかけだったなぁ。

 

その後2年くらい無課金・イベントも頑張らない系のゆるゆるライバーをして、合間にアニメを追ってみたり、そして推しの入隊とともにちょっと頑張る系ライバーになった。

ゲーセンでフィギュアを回収し始めたり、フリマアプリでラバストを収集しはじめたのも入隊前後から。

 

1年くらい前まではリアルサイドのμ’sは存在程度しか知らず、メンバーの名前もほとんど知らなかったんだけど、動画をみたりTwitterをフォローしてみたり徐々に覚え始めた頃。

2016年はツアーやらないかなぁ。少し大きめなところで、東名阪とか。そうしたら1回くらい観に行きたい」というぬるい考えを持っていました。

 

◆突然のラストライブ◆

 

直後発表された「Last Live」のお知らせ。。。

これは何としても観に行かなくては、と思い各先行に申し込むもことごとく落選

同行の友人の仕事の都合もあり1日目はライビュへ行くことになり、這いつくばってやっとの思いで2日目の完全見切れを譲って頂く事になりました。

巷でウン十万円とかで出回っていましたが、わたしは出してません。出せませんでした(笑)

転売云々についてはお話すると長くなるので、控えます。

 

でも!諦めないで、ちょっと無理をしてでも(笑)行って良かった!と胸をはって言える公演でした。

以下、ぬるめのラブライバーが本気を出して最初で最後の現場へ行った感想です。

実際に公演をみたかた、他の方のレポを読んだ方でないと何が何だかかもしれません。

 

◆入場~オープニング◆

 

開演1時間近く前に入場。

いつもはギリギリ(ペンラを出してないのにはじまっちゃうときもあるからもはや間に合っていない)に入場するのですが、だいぶ余裕を持って席に着きました。

ラブライブレードは買わなかったので、拾い者のQRコードで色設定をしたキンブレ(しかも軒並みシャイニングが売り切れていてスモークを購入)を携え友人と震える。

 

完全見切れ席の視界はというと、メインステはもちろんセンステ、サブステも見えないお席でした。

下手の花道と下手側のサブステは見える。基本的には後ろ姿だけど。

目の前にはスクリーンが1枚あり、おそらくライビュと同じ映像が流れていたのではないでしょうか。

あとはトロッコの回収場所が目の前で、メンバーのファンサをガッツリ楽しめました。

 

客電が落ち、目の前のスクリーンにアニメのVCRが流れ始める。

1日目のアルパカさんが「う、産まれる~っ!」のお話から変わって、仔アルパカさんが歩いてました。きゃわ。

 

「今日、わたしたちライブがあるらしいんです!」「ド、ドーム!!??」からの、メンバーがこれまでの公演会場に現れるところで既に大泣きするわたし。。。

ほのかが「タンッ!」と降りた床をみて完全に決壊。ど、どぅーむだぁ。。。

(ちなみに1日目もこの映像で泣きました。それはそれは泣きました。)

 

いよいよはじまるというワクワクと、始まったら終わってしまうというさみしさでいろいろぐちゃぐちゃ。

でもメンバーが出てきた瞬間「楽しい」が勝つから不思議。

 

◆本編◆

 

以下、公式からお借りしたセットリストを基に進めていきます。

(ユニットメンバー名等一部省略しました)

 

M1  僕らのLIVE 君とのLIFE/μ’s

スクフェスから彼女たちを知ったわたしにとっても始まりの1曲!

くっすん鹿子の脇がとてもまぶしかったです。。。

ノースリーブを着せられがち、すばらしい。。。

 

M2  僕らは今のなかで/μ‘s

アニメは1期放映終了からだいぶ経ってからみました。

OP曲ってワクワクする。

 

MC

メンバー1人1人のご挨拶。

ことり推しでうっちー大好きなわたし泣かないわけが無かった。

声が道具のお仕事で、その声が出ない。しかも大事なステージで…ってきっととても悔しいことなのでは。。。

うっちーのご挨拶が終わったあと、颯爽とお水を渡すそらまるとても格好良かったです(笑)

ちょっと不安を抱えつつ、公演は進む。

 

 

M3  夏色えがおで1,2,Jump!/μ’s

M4  Wonderful Rushμ’s

会場内のメインカラーがセンターメンバーのお色になるのがステキ!

切り替えできるペンラのいいところですね~。

 

M5  友情ノーチェンジ/μ’s

今まで観に行ったのは単色ペンラの公演が多かったので、9色がキラキラしている会場は新鮮でした。

 

μ’sクロニクル パート1

 

M6  もぎゅっと”love”で接近中!/μ’s

M7  baby maybe 恋のボタン/μ’s

もぎゅっとの衣装可愛すぎてTTTT

この衣装はそらまるの優勝でした。

みんな可愛いんだけど、一番似合ってたのはそらまるだと思う!

後でウイッグだったと知ってびっくり~。

 

M8  Music S.T.A.R.T!!/μ’s

今回の公演2日前くらいにシャッフルでこの曲が流れ、通勤電車の中でそっと泣きました(笑)

だってパーティ終わらない!まだまだみんなで思いき!り!歌うよ!わーん!!!

この曲のぱいちゃんソロめっちゃカッコイイ。

 

MC

 

<メドレーパート(M9~M13)>

M9  ユメノトビラ/μ’s

M10  ススメ→トゥモロウ/2年生

自分、何を聞いても泣けるんじゃないかと思った。

がんばってきたμ'sを思うと「ドーム公演!おめでとう!」に繋がってもう止まらない。

 

M11  Wonder zone/μ’s

M12 これからのSomeday/μ’s

じょるのがトロッコで合流~!

アルパカさんで遊ぶみんな可愛すぎな。

 

M13  Love wing bell/μ’s

ひとつひとつ丁寧に歌うりっぴーが印象的でした。

1日目の記憶かもしれないのですが、アルパカさんをちゅっちゅさせて遊ぶくっすんじょるのを見て本当にのぞえり結婚しないかなぁって思いました。

 

MC

 

M14  Dancing stars on me!/μ’s

パリパリという音とともに(笑)ハロウィン仕様に衣装チェンジ!

すてきな驚きだった~。

 

M15  Happy maker!/μ‘s

ひたすら上がり続けるテンション。

「まだ前半だから」と手を抜くことを許さない楽しさでした。

 

μ’sクロニクル パート2

 

M16  WAO-WAO Powerful day!Printemps

うっちーのおなか!おなか!

鹿子のふわふわおしりも可愛かったし、えみつんのロング丈も格好良かったです(笑)

 

MC

何だこのほわほわした空間は…。

ドーム全体が可愛いに包まれていた…。

おへそ出し衣装にできなかった理由をあのお声で「大人だから☆」っていううっちーがとてもよかったです。すき。

 

M17  NO EXIT ORIONPrintemps

Printempsって「かわいい!かわいい!」っていうところがキュンを盛り上げてくれるのですが、そういう女の子たちの「かっこいい」もステキだよね~。

語彙力が低いことが悔やまれるくらいステキだったの。

 

M18  sweet&sweet holidayPrintemps

うっちー。。。ご、ごどりのおやづにじでぐだざい。。。。

欲をいうとPrintempsは永遠フレンズが大好きなのでやってほしかった!

 

M19  思い出以上になりたくてlily white

風船のお衣装すごかった!!!

そしてlily whiteはビジュアル偏差値が高い!

「美しい…」botと化していた。

 

M20  ふたりハピネスlily white

くっすん、お歌が上手になったなぁと。

不安定なところも可愛いんだけどね!!!!

 

MC

みもりん「風船を着たのは初めて」というお話だったけど、こちらとしても風船を着ている女の子をみたのは初めてだった(笑)

 

M21  春情ロマンティックlily white

サクラ色の会場もきれいでした~

ピンクだけじゃなくて、白も!っていうお色が可愛かった。

 

M22  Cutie PantherBiBi

そんなしっとりした雰囲気から一気にアゲていくBiBiは流石コミックユニットですね!

 

M23  PSYCHIC FIREBiBi

この曲とっても楽しかったからもっとしっかりコールの予習をしておくべきだった。。。

 

MC

ぶっ飛んだそらまると「有り得ないんだけど」っていう空気を醸し出すぱいちゃんのにこまきがとっても良かったです。。。

 

M24  錯覚CROSSROADSBiBi

BiBiって名曲が多いなぁと思う1曲。

内輪では冬がくれた予感も上位曲です。

 

μ’sクロニクル パート3

 

M25  Angelic Angel/μ‘s

映画そのままのお衣装と髪型がとっても可愛いのTTTT

特にみもりんポンデリング可愛すぎたTTTTうっうっ

 

MC

 

M26  輝夜の城で踊りたい/μ‘s

実はスクフェスでこの曲ってあんまり好きじゃなかったんです。

多分プレイ回数もダントツ低いと思う。

でもライブをみてとっても好きになった!

わたしのプレイリストでどんどん上位にあがってきている(笑)

 

M27  だってだって噫無情/μ’s

女子高生がふとした瞬間にみせるどきっとするような大人の部分みたいなこの曲もとても好き。

静かだけど熱く燃えているような青い会場もさらに気分を盛り上げてくれました。

 

μ’sクロニクル パート4

 

M28  Hello,星を数えて/1年生

末っ子りっぴー可愛いかよ!!可愛い!!ふんぬっ!!

鹿子ぱいちゃんがジャケットを脱いだ瞬間のわたしたちはただのオジサンというか周りのオジサマ方よりもゲスい感情を放出していたと思う。

フゥ~↑↑ってトンペンのオバサマばりのリアクション////

 

M29  ?←HEARTBEAT/3年生

下手席だったのでくっすんが全力でクマさんをぶん投げる図を見ることができましたwww

花道でぐったりするクマさんツボったww

こういう曲ってそらまるの顔芸が映えますね!褒めてます!

わりとどうでもいいんですけど、3年生カラ―になった会場の色が可愛くてときめきました!

 

M30  Future style/2年生

実を言うと映画曲のなかでこの曲って印象が薄かったんですけど、改めて聴いたら色んなシーンが思い出されてうるっときた。。。

 

μ’sクロニクル パート5

 

M31  それは僕たちの奇跡/μ’s

えみつんの、音に少し空気が入る歌い方がとっても好きで!

紅白の時のイントロでそれに気がついた。

 

MC

 

M32  ミはμ’sicのミ/μ’s

M33  Super LOVE=Super LIVE!/μ’s

M34  No brand girls/μ’s

M35  KiRa-KiRa Sensation!/μ’s

このパート怒涛過ぎたwww

μ’sicのミで後ろの盛り上がっている男の子のブレードが結構な勢いで頭頂部を強打して本当に痛かったんですけど(笑)、そんなのも吹っ飛ぶくらい怒涛の盛り上がりでした。

本当にどこまでも昇っていけそうな感覚。

こんなに一生懸命叫んだのも、腕を挙げたのも、跳ねたのも本当に久しぶりのライブだった。

一進一跳!」ってお友達と手を繋いで跳んだの、本当に楽しい良き思い出。

 

MC

 

M36  SUNNY DAY SONG/μ’s

続けて全力で踊るの巻~!(お隣に迷惑をかけない程度に^^;)

サニソンは「これぞμ’s!」っていう曲のイメージで、わたしがぬるいながらも、というかぬるいにも関わらずずっとμ’sが好きなのはこういう曲たちがあったからこそなんだなぁと思います。

結論、畑亜貴の手のひらの上で転がっているだけの人生

 

◆アンコール~フィナーレ◆

 

EN1  START:DASH!!/μ’s

わたしの中のμ'sのお話はアニメが基盤となっているので、これもまた始まりの1曲。>

 

EN2  Snow halation/μ’s

今回はこれの穂乃果ソロをみるために現場へ行ったと言っても過言ではない

少なくとも冒頭の「2016年はツアーやらないかなぁ。(略)そうしたら1回くらい観に行きたい」という考えは、スノハレがきっかけでした。

「偶然仕事が早く終わったから」「定価以下で譲りが出ているし」という軽い気持ちで、予習ゼロ&手ぶらで観に行った初μ’sの上海ビューイング

<穂乃果ソロの一瞬で色が変わる会場と劇場に感動して、なんの前触れも無く泣きました。

わたしもあのオレンジのひとつを作りたい!と思い、初めての大閃光を握りしめ迎えたスノハレは少し緊張しました。

欲を言えばもっと会場全体が見える位置が理想だったけど、ステージ越しに見える天井のオレンジもまた良い思い出になりました。

どうだったかって?めっちゃ良かったわ!!!!!

 

MC

 

EN3  Oh,Love&Peace!/μ’s

EN4  どんなときもずっと/μ’s

会場をぐるっと周るメンバーをみて、胸がぎゅっとなりました。

 

EN5  MOMENT RING/μ’s

μ’sの物語には中途半端にも程があるくらいおかしなところからの参加だったんですけど、これまで頑張ってきたメンバーやスタッフさんとか、初期からの方はもちろんこれまで応援してきたラブライバーとかいろんな人たちの思いを想像したら本当によかったねぇTTTTという気持ちだったり、それぞれの活躍に対するこれからへの楽しみだったり、やっぱりさみしいっていう気持ちだったり。

今聴いても整理がつかない曲。

 

W-ENCORE  僕たちはひとつの光/μ’s

あの演出は本当にずるい…!

もう、出方から、衣装から、ステージから、何から何までずるい。

そこに大合唱するラブライバーも同罪。

 

全力で声を出したライブは本当に久しぶりでした。

次の日声が出なくなるくらい、喋り仕事なのに(笑)

余談ですが、割と声が大きい+女という目立つ状況のくせにところどころコールから歌詞から全力で間違えていました!!!すみませんでした!!!後悔はしていない!!!

 

うっちーのお声ですが、つらそうな声になるたび心配で心配で…。

でも気付いたらいつものことりボイスで、これがプロなんだなぁと思いました。

キャラの声を作って、何時間も歌うってすごい。

 

◆公演を終えて◆

 

東京ドームに限っても今まで色々なコンサート、ライブをみましたが、その中で間違いなく上位の素晴らしさでした。

本当に、終始笑って、泣いて、今までのラブライブ!をみてきた時間をもう一回やり直しているようなライブだった。

そしてμ’sと一緒に、もう一回青春をした気分。

 

これまでの内容をお読みいただいた方は「うそだろ!?」と思うでしょうが、わたしこれまでこんなに作品や公演をみて泣くことって無かったんですよ。

今回だって始まる前に「周りが泣いてるとなぐさめる側になってしまい泣けない。3日後くらいにひとりで枕を濡らす」とお友達に話していたのですが、あっさり撤回。

アニメであんなに泣いたのもラブライブ!が初めてだし、映画であんなに泣いたのもラブライブ!が初めてだし、ライブであんなに泣いたのもラブライブ!が初めて。

「可愛い」っていう理由で泣いたのもラブライブ!が初めて(笑)

こんなにも感情を揺さぶられるだなんて、ゲームを始めたあの時は思いもしませんでした。

 

母数が増えればおかしな子は増える、比例するようにラブライバー、そしてラブライブ!へのアンチも増える。

非難されることも多かったですが、わたしはラブライバーになってよかったなぁと思います。

もっと〇〇したかったとか、もっと〇〇が欲しかったとか、言ってしまえばもっと早くラブライブ!にのめりこめば良かったと思うこともありますが、不思議と後悔という程のものではなく、結果楽しかったが勝る数年間でした。

 

大変惜しまれるラストライブですが、今回以上のタイミングはなかったんだろうな。

各々の仕事も増えて来て、イベントに参加できないメンバーが出てきていたし。

それに(悪者にするつもりはない事はご理解頂きたいのですが)じょるのの膝の件も影響していたと思う。

「そのアイドルグループやそのバンドのメンバーとして」だけ活動している人たちとは違うし、9人という少なくない人数が、また難しい活動だったのだろうと思います。

(対して、その活動を6年間続けてきたということも凄い)

 

今後の9人それぞれの活躍も楽しみですが…。

 

えみつんが「まだ約束はできないけれど」と話したこれからのμ’s

また可能であればあの9人での活動をみたいです。

そして「今が最高!」と言えるといいなぁ。

 

ここまで駄文をお読みいただいた方、ありがとうございました。

もうじき2週間が経とうとしていますが、やっぱりまだめそめそしちゃーう!

これを書きながら曲を聴いて、動画を覗き見て、また泣くんだもの(笑)

 

ラストライブではありましたが、スクフェスはいよいよAC版が出るし、これからも楽しみ!

μ’sic Foreverということで、これからも応援しますー!